消費者金融利用時の注意点

ちょっとしたお金のトラブルなら、家族や知人に頼むよりも、消費者金融の方がスムーズに解決するかもしれません。消費者金融のカードローンなら、免許証などで本人確認さえ取れれば、担保も保証人も不要で申込みが可能です。

 

融資までが手早く、急ぎで借入れをしたいという人にとっても便利です。手続きがスムーズにいけば、申込みから最短1時間程度で借入れができます。しかし、消費者金融を利用する時には注意点もいくつかあります。消費者金融でお金を借りるなら、賢く付き合って有効活用しましょう。

 

借入金額に注意

消費者金融を賢く使いたいなら、借入希望額は50万円以内に抑えておくと、何かと便利です。消費者金融の申込みは本人確認書類が必要ですが、50万円を超える申込み時には収入証明書類も必要となります。

 

収入証明書として有効なのは、源泉徴収票や所得証明書、2か月分の給与明細書など、直近のものとなります。給与明細書の場合、賞与がある人はその月の分の給与明細書も必要となります。

 

収入証明書の用意は面倒ですが、総量規制という法律によって定められた義務となっています。1社での借入れが50万円を超える場合、もしくは他社含めた借入総額が100万円を超える場合には、提出が必要となります。

 

借入れ限度額は、足りなくなったらその時に増額の相談も可能です。急ぎでお金が必要で、スムーズに手続きを行いたいなら、借入金額を50万円以内に抑えておきましょう。

 

少額の利用であれば土日でも契約機を利用すれば最短即日融資も可能となる消費者金融もあるので、急な出費で困ったときには札幌の消費者金融で借りる即日融資のように手間をかけない手続きを進めると良いでしょう。

 

 

安定した収入が条件

消費者金融は簡単にお金を貸してくれるイメージが強いですが、申込み条件があります。20歳以上で安定した収入がある人でないと、消費者金融の申込みができません。現在無職の人や、食についていない専業主婦の場合、消費者金融を利用できないので注意しましょう。

 

逆に仕事についているのであれば、それが正規雇用でなくとも申込みは可能です。派遣社員やパート、アルバイトでも、安定した収入があれば申込みが可能です。

 

ただし、消費者金融で借りられる金額は、借入総額が年収の1/3までと決まっています。年収90万円のパートの場合、最高でも30万円までしか申込みができないので注意が必要です。

 

消費者金融の審査

消費者金融は申込めば必ず契約できるとは限りません。申込み時には、返済能力についての審査が行われます。年収や家族構成、他社借入れ状況などを総合的に判断して、貸付け可能かどうかの結果が返ってきます。審査に落ちてしまうと、消費者金融のカードローン契約は結べません。

 

例えば勤続年数が短い、すでに複数社で借入れをしている、ローン関連の未払いや支払遅れの履歴がある、といった場合に、審査に落ちてしまう場合があります。とはいえ、各種ローンと比べると消費者金融の審査はそれ程厳しくないとは言われています。

 

借り過ぎには注意

消費者金融のカードローンの契約後は、発行されたカードをATMに入れれば、限度額の範囲内で何度でも借入れが可能です。ATMは深夜でも開いている所があるので、いつでも迅速にお金を借りられます。カードがあればすぐに引き出せるので、使い過ぎには注意が必要です。

 

一回一回の引落とし額は少なくても、頻繁に借入れを繰り返せば、借入残高は増えていきます。カードローンには限度額が設定されているので、限度額いっぱいまで借りてしまうと追加の借入れができなくなってしまいます。

 

また、たくさん借りれば借りるほど、かかる利息も大きくなります。毎月の返済額も増えていくので、マイカーローンの返済が家計を圧迫してしまいます。

 

そうならないためには、計画的に利用する心構えが必要です。カードローンの利用はいざという時に限り、安易に頼らないようにしましょう。

 

最近では大手消費者金融であっても免許証だけで借りられるなど手続きが手軽になってきていますが、だからこそ返済に対する計画はしっかりと持たなければなりません。無計画に利用をすると自身が困ることとなるので、カードローンキャッシングを暮らしに役立てるためにも計画的な借り入れを行うようにしてください。