利用上のデメリットとは

消費者金融の長所は利便性です。最短1時間程度で契約が可能で、契約後は自由に借入れや返済が行えます。使い道も自由なので、様々なお金の問題に対処できます。そんな消費者金融にもデメリットはあります。

 

様々な各種ローンと比べると、消費者金融の金利は高めに設定されています。気にせずに頻繁に利用していると、意外と高額な利息を取られる可能性があります。消費者金融の金利が高いのは、仕方のない部分もあります。自由なタイミングで使い道自由で借入れができてしまうので、使い道を消費者金融側で把握が難しい分、貸し倒れのリスクが高くなるためです。また、無担保で保証人も不要で契約ができるという事情もあります。

 

消費者金融の2つ目のデメリットが他種ローンの審査への影響です。消費者金融での借入れがあると、他のローンの審査に影響を与えるケースがあります。通常ローン契約には審査がありますが、収入に対して無理のない借入額かどうかも見られます。

 

すでに消費者金融の借入枠を持っている場合、その借入れ分も含めた上で融資可能かどうかを見られます。限度額が大きかったり、支払い遅れがあったりする場合は注意が必要です。

 

ただし、適正な範囲できちんと返済していれば、それ程問題にはならないでしょう。

 

借りたお金を何に使うかといった消費者金融の利用目的は健全な消費性資金の範囲であれば特には問われていませんが、だからと言って余計な借り入れを重ねると今後の利用に悪影響を及ぼす可能性があります。しっかりと計画を持って利用をし、無理のない範囲での借り入れに留めておくべきなのです。